Skip to Content

患者さんと会話のコツ~ミラーリング~

2020.09.03

みなさん、こんにちは。予防事業部の A です!

4月から働き始めた歯科衛生士のみなさんも少しずつ診療所勤務に慣れてきましたか?

学生のみなさんは実習にドキドキしているころでしょうか?

最初は患者さんと話をするだけでもとても緊張しますよね・・・

''わからないことを聞かれたら、どうしよう''と最初は常に緊張しっぱなしでした。

この不安に対しては、勉強するしかないと思います!

きちんと歯科衛生士としてお答えできるように、また知識をブラッシュアップしていくために、ともに頑張りましょう!!

過去にもお役立ちコラムがたくさんありますので、ぜひご覧ください♪♪

今日は、私が人と話をする時に気をつけていることを1つご紹介します!

「患者さんの話すスピードに合わせる」ことです。

これは、「ミラーリング」といって、相手の言葉やしぐさなどを、ミラー(鏡)のようにマネをすることによって、親近感を感じてもらう方法です!

好きなモノや出身地が同じだと、グッと親近感が湧きますよね。

それを話すスピードで共通点を作り出す、というような感じです。

患者さんの中には、早口の方もいらっしゃれば、ゆっくりお話しされる方もいらっしゃいますよね。そのスピードに寄り添ってみてはいかがでしょうか。

もしかすると心を開いてもらいやすくなるかもしれません!

ミラーリングには、患者さんの言葉をオウム返しする、というのも効果的です。

患者さんのおっしゃった言葉をそのまま繰り返すことで、理解したというアピールにも繋がります。

ぜひ今日から意識してみてください!!

私は、普段関西弁ですが、標準語の方とお話しすると、変な標準語になってしまい、笑われることがあります(笑)

相手の方のイントネーションがうつってしまった時は、しっかり話を聞いている証拠だと自分に言い聞かせています!

みなさんも患者さんと話すときに気をつけていることはありますか?

よければ、Twitterでコメントいただけると嬉しいです!

Twitterはこちら★SUNSTAR歯ッピーチャンネル★(@SUNSTAR_happy