Skip to Content

突撃インタビュー!開発秘話を企画担当者から聞き出せ!

2019.08.08

みなさん、こんにちは!

サンスター歯科衛生士Tです!

今回は今年の7月に発売したばかりのバトラーハブラシ#025NEOの企画担当者に突撃インタビューしてきました!!

長い月日をかけて開発したマーケティング部の企画担当者[以下R]、開発の裏側を聞いてみたいと思いまーす^^

T:バトラーハブラシ#025NEOがついに発売されましたね。どんな思いで開発されたんですか?

R:発売から10年が経った今でも多くの方々に支持されているバトラーハブラシ#025。ご愛用者の信頼を失いたくないという思いが強くて、まずはその魅力を紐解くところからスタートしました。ご愛用者に話を聞いたり、発売当時の歯科医師、歯科衛生士の方々からいただいたアンケート結果などを改めて読み返しました。

T:そこで再認識したバトラーハブラシ#025の魅力とは何だったんですか?

R:やはり一番は2.5mmという日本で最も薄い※ヘッド厚の植毛台でした。その薄さを非常に気に入っていただいていることが、話を伺ったりアンケート結果を読み返して感じました。その一方で、課題も見えてきたんです。

T:どんな課題ですか?

R:ハンドルの全長が比較的短いので、もう少し持ちやすくなれば・・・という声が散見され、持ち手部分に改良の余地があることがわかりました。

T:日本最薄ヘッドという守るべき魅力と共に持ち手の課題が見えてきたんですね。私もちょっと他のハブラシに比べて細くて短いかなとは思っていましたが。そこからどうやってハブラシを形作っていったんですか?

R:社内のデザイナーや研究の協力を得て、多くのハブラシの模型を作りました。それを持って、愛用者や社内の歯科衛生士に意見を聞いて回りました。

こちらが初期のバトラーハブラシ#025NEOです。詳細をお見せできないので、少しモザイクをかけさせてもらっています><

ハブラシ2.jpg

T:あっ!これ覚えてます!私も握ってどれが持ちやすいか、みがきやすそうか、答えました!口に入れれなかったので、この状態でイメージして答えるのは苦労しましたが(笑)

R:そうでしたか(笑)でもそれが、今の#025NEOの原点になってるんです。そこからも、試作品を作っては、社内の歯科衛生士や臨床現場の歯科衛生士に使ってもらって改良を重ねました。

 *試作品第1

試作.jpg

T:開発の中で、特に印象に残っていることは何ですか?

R:開発も終盤に差し掛かって、いよいよ臨床試験で清掃性を確認する段階になった時の、結果を待つ期間はとてもドキドキしました。せっかくここまで作ってきたのに、リニューアル前のものと比べて清掃性が落ちていたらどうしようかと・・・。結果、リニューアル前に比べても良かったよ!と聞いたときは嬉しいよりも、ほっと安心した気持ちでした。

 *臨床試験結果

臨床試験結果.jpg

T:この試験結果は、私が歯科医院の方々に#025NEOを紹介する時にも説明してますよ!そんな思いの詰まった結果だったんですね。(しみじみ)

でも、#025NEOは発売したばかり!これからより多くの方々に使っていただきたいですね。

R:はい!全国の歯科医院などで取り扱っていただいていますが、ハンドルが持ちやすく、ネックも細くて長いので臼歯部までスムーズに届いて、かつ日本最薄ヘッドが口腔内の隅々までみがけます!さらにデザインも・・・

はいっ!熱く語ってもらいましたが、長くなるのでここから先は実際に皆さんお手に取って実感してみてください!

それでは次回のコラムもお楽しみに!

20191月現在サンスター調べ

◆バトラーハブラシ#025NEOは全国の歯科医院取扱品です。

◆詳しくはこちら→プレスリリース

◆商品詳細→デンタルインフォメーション


Twitterアカウント